浮気をするパートナーを持つ夫婦関係

浮気をするパートナー

浮気調査を利用する人の感情

 

浮気調査をご相談される方は「浮気相手への怒りから浮気調査を依頼する人物」と「浮気を繰り返すパートナーに対する怒りの感情」から浮気調査を実施される
方とに大きく分かれます。
なかには両方の感情から離婚を決意し、徹底的に浮気の証拠を取得するご依頼者も存在します。
信頼してきたパートナーから裏切られた状況にある方々ですので感情的にならないことが珍しいと判断できるでしょう。
ここで調査で判明した事実を目にして「愛想を尽かす」人物には女性が多く、離婚に踏み切る判断はしないことが多く、パートナーの短所として受け入れ、
長い人生の節目の一つとして大きな心で対処し今後の結婚生活に活かす材料とするのです。
一時の感情でこれまでの多くを失う判断は軽率と考える方が多いということなのでしょう。
しかし、妻の浮気の事実を知った夫はこうはいきません。
殆どの夫は離婚を選択します。
「許す」という感情がまず湧いてこない人が殆どみたいです。

 

 

昭和の夫婦と平成の夫婦

 

長い結婚生活ではパートナーから酷い仕打ちを繰り返し受ける方が存在します。
昭和に代表される「酔って帰宅してちゃぶ台をひっくり返して家族を殴る家長」などが例えとして思い浮かべやすい人物像でしょう。
昭和の家長は威厳があったことは事実であり、妻や子供たちは台風が過ぎ去るのを待つような心持ちで日々を過ごした記憶があるものです。

 

このような昭和のご主人は「酒に女にギャンブル」の三拍子がつきものな人物が多かったと記憶しています。
当然、普段は偉そうに接している妻には多くの場合「頭が上がらない」ことが内情として正しいと言えたのです。
そして、夫婦関係のバランスも妻が我慢することで成立していたと判断できるのです。

 

変わって現代のご夫婦を同じ状況に置き換えたならば妻が我慢することは有り得なくなりました。
基本的な違いが昭和と平成に存在するから「妻は我慢しなくなった」のです。
決定的な違いが何か?説明するならば「妻も多くの場合働き、家計を夫と共に支えている」ことが大きな違いとして考えられるのです。
昭和の家長にあった威厳は、平成には多くの家庭では存在しないことが違いとして言えるのです。
多くのご夫婦が「お互いを労わり思いやることが無ければ」平成のご夫婦は成立しないと言えるでしょう。
ただでさえ出産・子育てに仕事と忙しい奥さまを労わる家長が「平成のご主人として当然の役割」と言えるのです。
またそんな仕事を持った妻たちは夫と同様に浮気に走るようになったのです。
ここ10年で妻に対する浮気調査の件数は鰻のぼりで増加しているのです。
もうすでに夫には家長としての威厳もなくなったと言えるのかもしれません。

 

 

離婚しない夫婦関係には何が必要か?

 

探偵という職業は浮気調査を実施することで「調査対象者である人物の行動から真意」を判断するお手伝いをします。
この業務から「人生の分かれ道に立つご依頼者」を過去に数多く見てきております。
そもそも浮気調査をご依頼される人物は「夫婦間の信頼関係が薄い状況」にある方が殆どであり、日常生活においても「必要以上の会話」などは無く、結婚生活や
家庭は当たり前の存在との位置付けにしか認識していない人物が殆どなのです。

 

このような家庭の状況になるまでには様々な理由が過去に存在していることでしょう。
家庭を優先した判断を日頃からしない人物ならば尚更に「家庭に無関心」となってしまうものです。
浮気や不倫を選択する方の多くは日常生活のベースに「家庭への無関心」があり、家庭は存在して当たり前と勘違いした考えをもっているものです。

 

ありふれた家庭や平凡な日常の大切さを再認識できる人物ならば「浮気が発覚した後に反省し努力」することで、もう一度「家族のために一から出直す」ことも
可能でしょう。
しかし、人間は過ちを繰り返してしまう生き物でもあることから「社会の離婚率は上昇している」のだと判断できるのです。